一度大学に戻って行った薬剤師の企業への転職

接客が好きではないと気がつき企業薬剤師の道へ

当初は調剤業務と服薬指導を中心とした薬剤師としての職能を生かした仕事をしていくのが良いだろうと最初は考えていましたが、実際に仕事をしてみると自分には合っていないと感じるようになりました。
最初は病院で働くことを選んで病棟でも仕事をしていましたが、臨床現場の苛酷さに絶えられなくなってその門前薬局に転職したという経歴があります。
しかし、毎日何十枚もの処方箋にしたがって調剤をして服薬指導をするのもストレスに感じるようになり、他の働き方はないものかと考えるようになりました。
薬剤師になりたいという気持ちから資格を取得したものの、通常行う仕事がストレスに感じてしまっているのは残念な気もしましたが、諦めて転職して良い仕事を見つけられるように対策を考えることにしたのです。
薬剤師として仕事をしているときに最もストレスになっているのは何かと考えたのがその最初のステップであり、基本的に接客が好きではないということが問題だと気づきました。
病院でも薬局でも仕事の基本はサービス業であって患者や顧客に対する接客が重要になります。
それがだめなら他の道はあるのかというのが疑問になりましたが、求人を眺めていたら候補が上がってきました。

接客が好きではないと気がつき企業薬剤師の道へ | 修士の学位がないと研究職に就くことは難しい | 研究職としての仕事が充実してきた